New Photographic Objects
写真と映像の物質性

2020.4.4 [土] -5.17 [日]  2020.6.2[火]-9.6[日]  

 

 

 デジタル技術が加速度的に発展し社会に浸透した現代において、写真や映像という表現形態を選んだアーティスト たちは、動画像編集ソフトによる加工や合成、コピーやスキャニング、さまざまな出力方法を用いたインスタレーション、 ソーシャルメディアやフォトシェアリング・プラットフォームを利用した双方向的な手法などを複合的に駆使して、その表 現言語を更新し続けています。新しいテクノロジーから伝統的な手法までがひろく選択可能性に開かれた状況から、 写真と映像の可能性を拡張する意欲的な表現が次々に生まれるスリリングな場に、私たちは立ち 会っているのです。

 この展覧会で紹介する 4 名と 1 組のアーティストは、こうした状況をふまえつつ、 メディアの物質性を重視した独自 のアプローチによってこの領野に新機 軸を打ち出しています。数百枚の写真を積み重ねて切断した断面、くしゃくしゃ に折りたたまれたプリントの物理的な襞、映像から立ち上がる観る行為に潜在する触覚的な要素など、彼らの作品に おける特徴的な物質性は、単にフェティッシュなこだわりによるものではありません。おのおのが用いるメディアの歴史 や特性、機能に鋭く分け入り、それを更新するため の戦略によって獲得さ れ た性質なのです。

 彼らの作品をラディカルな再考と更新をめざす「新しい写真的なオブジェクト」と措定し、著しい速度で変化する現代 の写真表現・映像表現の一断面をとらえることがこの展覧会のねらいです。それはまた、私たちをとりまく今日の視覚 環境について、深く考えを巡らせる絶好の機会となるはずです。

会期

2020年4月4日 (土) ~5月17日 (日)   2020年6月2日(火)〜9月6日(日)
休館日:月曜日(8月10日は開館)及び6月23日(火)

開館時間

10:00 ~ 17:30 (入場は17:00まで)

観覧料

一般1100円(880円)、大高生880円(710円)
※( ) 内は20名以上の団体料金。
※中学生以下、障害者手帳等をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
※併せてMOMASコレクション (1階展示室) もご覧いただけます。
※会期変更前の招待券は、変更後の会期の招待券としてご使用いただくことができます。

主催

埼玉県立近代美術館 、 New Photographic Objects 展実行委員会

展示協力

ベンキュージャパン 株式会社、 キヤノン 株式会社

協力

JR東日本大宮支社、FM NACK 5

※さいたま国際芸術祭 2020 連携プロジェクト

出品作家

迫 鉄平 / 滝沢 広 / Nerhol / 牧野 貴 / 横田大輔 (五十音順)

作家略歴

 

迫鉄平(さこ・てっぺい)

1988年大阪府生まれ。京都精華大学芸術学部卒業。

瞬間を切り取るスナップ写真の技法を応用した映像作品や、複数の瞬間を一枚の写真に畳み込むスナップ写真のシリーズにおいて、「決定的瞬間」から被写体と鑑賞者を解放することを試みている。何の変哲もない光景をとらえたスナップ写真を時間的に引き延ばしたかのような映像作品で、2015 年の「Canon写真新世紀」グランプリを受賞。近年の主な個展に「CHILL TOWN」(VOU、京都、2017年)、「FLIM」(Sprout Curation、東京、2018年)、「All Along The Watchtower」(YEBISU ART LABO、愛知、2019年)など。加納俊輔、上田良とのアーティストユニット「THE COPY TRAVELERS」としての活動も行う。

 

滝沢広(たきざわ・ひろし)

1983年埼玉県生まれ。

大学で心理学を専攻した後、写真を用いた作品の発表を開始。作品の被写体の多くは、膨大な年月をかけて経年変化してきた石や岩、コンクリートなどのテクスチャーで、そのプリントを重ねる、切断する、くしゃくしゃに折り畳む、あるいはスキャンし出力した写真を再撮影するなどの多様な手つきによって、被写体自体の原料属性から離れ、重厚で物質的なイメージを創出する制作を展開している。主な個展に「figure」(実家JIKKA、東京、2014年)、「AVALANCHE/SHEET/DUAL」(rin art association、群馬、2017年)、グループ展に「VOCA展2019現代美術の展望-新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、東京、2019年)など。

 

Nerhol(ねるほる)

グラフィックデザイナー・田中義久(1980年静岡県生まれ)と彫刻家・飯田竜太(1981年静岡県生まれ)によるアーティストデュオ。2007年よりNerholとして活動を開始。ある条件下で撮影された数百枚の写真を積層し、彫り込む手法による制作を継続している。人物をはじめ街路樹や動物、流れる水、あるいはネット空間にアップされた画像データや記録映像など多様なモチーフを選びながら、それらが孕む時間軸さえ歪ませるような作品を制作。そこでは一貫して、私たちが日常生活を過ごすときには見落とされがちな有機物が孕む多層的な存在態を解き明かすことが試みられている。近年の主な個展に「Index」(Foam Fotografiemuseum、アムステルダム、2015年)、「Promenade」(金沢21世紀美術館、石川、2016年)など。2014年にFoam Talent Call 2014に選出、2020年「VOCA賞」受賞。
 
牧野貴(まきの・たかし)

1978年東京都生まれ。映像作家。日本大学芸術学部映画学科卒業後に渡英、以後国内でカラーリストとして多くの劇映画やCF、ミュージックヴィデオなどの色彩を担当する。2004年より自身の映像作品の発表を開始。自然現象や風景など既存の事物をフィルムやヴィデオなどのフォーマットで撮影し、編集段階でさまざまな操作を行う。複雑な事後加工や重層化の操作を経て制作される独特の有機的な抽象映像は、国際的に高く評価されている。2012年のロッテルダム国際映画祭短編部門でグランプリにあたるタイガーアワードを受賞した他、国際映画祭での受賞歴多数。近年は上映だけでなく、インスタレーションやライブ演奏と合わせてのスクリーニングなど、領域横断的な制作・発表を行っている。
 
横田大輔(よこた・だいすけ)

1983年埼玉県生まれ。日本写真芸術専門学校卒業。撮影後のデータ加工、出力や複写の反復、特殊な現像方法などを複雑に駆使した写真で、記憶と現在、イメージと現実の関係性を問う制作を行う。2010年に第2回写真「1_WALL」グランプリ、2013年Unseen Photo FairにてOUTSET|UNSEEN Exhibition Fund、2015年Photo LondonにてJohn Kobal Residency Award、2016年Foam Paul Huf Awardを受賞。FoamFotografiemuseum(アムステルダム)での2度の個展開催(2014年、2017年)をはじめ国内外での展示・発表、多数の写真集の制作のみならず、写真家の北川浩司、宇田川直寛と結成した「Spew」によるZINEの制作や音楽パフォーマンスなど、幅広い活動を展開している。

関連イベント(8月31日更新)

 

迫鉄平 全映像作品2013-2019 上映会 [予約不要]

全映像作品の上映と並行して、関わりの深いゲストを迎えた作家とのトークを行います。

日時:9月5日(土)10時00分~17時30分(開館から閉館まで、終日上映・トークを実施します。)
   タイムテーブルはこちらをご覧ください。   

会場:2階講堂
定員:50名(予約不要。途中入退場自由。ただし、定員に達している場合は入場をお待ちいただきます。)
費用:無料
ゲスト[登壇予定時刻]:
 髙橋耕平(美術家)[11:50ごろ]
 西田博至(批評家、『アラザル』同人)[13:25ごろ]
 THE COPY TRAVELERS(加納俊輔、上田良)[15:05ごろ]
 福尾匠(映像論研究者)[16:25ごろ]

 

Nerhol ラウンドトーク [完全予約制]

日時:8月29日(土)15時00分~16時30分(開場は30分前)   
会場:2階講堂
定員:50席(完全予約制、先着順)
費用:無料
登壇者:
 Nerhol(田中義久、飯田竜太)、鈴木俊晴(豊田市美術館学芸員)、桝田倫広(東京国立近代美術館主任研究員)、大浦周(当館学芸員)
 ※ 新型コロナウイルス感染症の状況により、登壇者変更の場合があります。

予約方法:
 次のアドレスから「埼玉県電子申請・届出サービス」にアクセスし、お申込みください。

 https://s-kantan.jp/pref-saitama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=17637

 利用者登録の案内が表示されますが、本手続に利用者登録は不要です。
 システムからの返信をもってお申し込み完了となります。
 お申込みは先着順。定員に達し次第、受付を終了します。

 

クロストーク 滝沢広×原田裕規(美術家)[完全予約制]

日時:8月22日(土)15時00分~16時30分(開場は30分前)   
会場:2階講堂
定員:50席(完全予約制、先着順)
費用:無料
予約方法:
 次のアドレスから「埼玉県電子申請・届出サービス」にアクセスし、お申込みください。

 https://s-kantan.jp/pref-saitama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=17602

 利用者登録の案内が表示されますが、本手続に利用者登録は不要です。
 システムからの返信をもってお申し込み完了となります。
 お申込みは先着順。定員に達し次第、受付を終了します。

 

牧野貴 スクリーニング&トーク [完全予約制]

映像上映と作家によるアフタートークです。

日時:8月15日(土)14時00分〜16時30分(開場は30分前)  
会場:2階講堂
定員:40名(完全予約制、先着順)
費用:無料
プログラム:
 14:00~
   新作「Untitled (March 2020 - June 2020)」 20分 (世界初上映)
     「Memento Stella」60分 牧野貴による音楽演奏付き上映(国内初上映)
 15:20~15:30
   休憩、トーク準備
 15:30~
   アフタートーク
   聞き手:大浦周(当館学芸員・本展企画者)、梅津元(当館学芸員)
予約方法:
 メールの件名を「牧野貴スクリーニング&トーク参加申し込み」とし、ご氏名/ご連絡先(メールアドレス、電話番号のいずれか、または両方)を本文に記載して  kouhou@aria.ocn.ne.jp  までお申し込みください。
 当館からの返信メールをもってお申し込み完了となります。
 お申し込みは先着順。定員に達し次第締切といたします。


 牧野貴《Untitled (March 2020-June 2020)》


 牧野貴《Memento Stella》 

 

 

【スライドトーク】当面の間、中止しております。

ご希望のグループにスライドを使って本展覧会の見どころをご案内します (予約制)

実施日:開館日の火・水・木・土曜日(その他曜日は応相談)  
お問い合わせ・ご予約は教育・広報担当 (電話048-824-0110) まで。


Trailer(映像作成:牧野貴)



展示風景:牧野貴


展示風景:滝沢広


展示風景:Nerhol


1


2

3

4

 


1.滝沢広「AVALANCHE/SHEET/DUAL」展示風景(rin art association、2017年)ⓒHiroshi TakizawaCourtesy of rin art association


2.Nerhol《Portrait of Mr. Yoshida》2017年、インクジェット・プリントNerhol Courtesy ofYKG/Yutaka Kikutake Gallery

3.牧野貴《Still in Cosmos II》(部分)2016年、プラチナ・プリントⓒTakashi Makino

 

4.迫鉄平《2014年のドローイングブック》2018年、シングルチャンネル・ビデオ


5.横田大輔「Room.Pt.1」展示風景(Guardian Garden、2019年)