MEDE SUWARU − 今日みられる椅子

2020.9.26 [土] -11.3 [火・祝] 

 

 「椅子の美術館」としても知られている当館では、グッドデザインの椅子に自由に座って親しんでいただけるよう、館内でさまざまな椅子を展示してきましたが、新型コロナウイルス感染防止のため、当面の間、座れる椅子の展示を制限しています。
 企画展示室の半分のスペースと1階ギャラリーを使って開催する本展は、デザイナーの豊かな発想から生まれた秀逸なデザインの椅子を、実際に座るかわりに見て味わう、つまり、「目で座る」展覧会です。
 かたちや色、素材をじっくり見ながらその椅子が置かれる空間や座り心地、デザイナーが込めたアイデアを想像してみると、座って楽しむときとは違った角度から、椅子の新たな魅力を見つけることができるでしょう。
 人気の椅子のコレクションを多面的な視点で紹介し、「愛でる」楽しみをご案内します。


会期

2020年9月26日 (土) ~11月3日 (火・祝)

 

休館日

月曜日

開館時間

10:00 ~ 17:30 (入場は17:00まで)

観覧料

無料

主催

埼玉県立近代美術館

協力

JR東日本大宮支社、FM NACK 5

プレス関係者の方へ

MEDE SUWARU プレスリリース20200722.pdf 
(English)PRESS RELEASE(MEDESUWARU).pdf



ペーター・オプスヴィック《ガーデン:リトル・ツリー》デザイン・製品化:1985年


テルイェ・エクストレム《エクストレム》デザイン:1972-77年/製品化:1984年


アルヴァ・アールト《パイミオ/アームチェア41》デザイン:1930-31年/製品化:1932年