2021 MOMASコレクション 第3期

2021.10.23 [土] - 2022.2.6 [日]

セレクション

キスリングほか、MOMASコレクションの名品を紹介します。

特集:中野四郎

美術団体「九元社」、「創型会」の創設、また埼玉県内における後進の育成に尽力した彫刻家・中野四郎(1901-1968)を紹介します。

かぐわしき女性像

近代日本画で描かれてきた女性の多様な姿を紹介します。

会期

2021年10月23日(土) 〜 2022年2月6日(日)

休館日

月曜日(1月10日は開館)、12月27日(月)〜1月6日(木)

開館時間

10:00~17:30 (入場は17:00まで)

会場

1階展示室

観覧料

一般200円(120円)、大高生100円(60円) 
※( ) 内は団体20名以上の料金です。
※中学生以下、障害者手帳等をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
※企画展観覧券をお持ちの方は、併せてMOMASコレクションもご覧になれます(各企画展会期中のみ。)
※11月14日(日)は「県民の日」のため無料です。

出品作品リスト

2021MOMASコレクション第3期出品リスト.pdf

関連イベント

視覚障害者向け鑑賞プログラム「屋外彫刻に触れる」

当館の屋外彫刻を触りながら鑑賞するプログラムです。

1 開催日時

第1回 2021年10月27日(水)14:00~15:30
[申込締切:2021年10月20日(水)、抽選結果通知:2021年10月22日(金)]

第2回 2021年11月19日(金)14:00~15:30
[申込締切:2021年11月5日(金)、抽選結果通知:2021年11月10日(水)]

2 定員

各回4名

※応募者多数の場合は抽選となります。

3 申込方法 申込受付は終了しました。

メールにてお申込ください。[宛先:p2401116@pref.saitama.lg.jp]

以下の項目を明記してください。
①氏名、 ②電話番号、③参加人数(2名まで)、④付き添いの方の有無

※メールでの申込が難しい場合は、電話にてお問合せください。

4 備考

雨天の場合は屋内での鑑賞プログラムに変更となります。

※屋内の場合は、対話を中心とした鑑賞プログラムを行います。プログラム内で彫刻に触れることはできませんので、予めご了承ください。

5 問合せ先

埼玉県立近代美術館 視覚障害者向け鑑賞プログラム担当
TEL:048-824-0110

サンデー・トーク

学芸員が展示作品から1点を選んで解説します。
実施する場合は、本ページ等でお知らせします。

 



カミーユ・ピサロ《エラニーの牛を追う娘》1884年

MOMASコレクションロゴ

埼玉県立近代美術館では、2008年度より「常設展」という呼称を「MOMASコレクション」に改めました。当館の常設展では2002年度以降、外部からの借用作品や現存作家のご協力によって、所蔵作品を核としつつも従来の常設展のイメージに捉われない、企画性の高いプログラムを実施してきました。名称変更はこうした意欲的な姿勢を示そうとするものであり、これまで以上に充実した展示の実現を目指しています。

※MOMAS(モマス)は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art, Saitama)の略称です。