2020 MOMASコレクション 第4期

2021.2.13 [土] - 4.18 [日] 再開館 - 2021.4.18 [日]

セレクション

キスリング《赤いテーブルの上の果実》ほか、MOMASコレクションの名品を紹介します。

「MOMASのとびら」のむこうがわ

アート体感ワークショップ「MOMASのとびら」で発見されたコレクションの新たな魅力を、これまでの活動を振り返りながら紹介します。

日本画の視点

近代日本画における空間の捉え方に焦点を当て、コレクションを紹介します。

リサーチ・プログラム:関根伸夫と環境美術

美術家・関根伸夫(1942-2019)による環境美術の仕事を、写真、図面、スケッチブック、映像等で紹介します。

会期

2021年2月13日(土) 〜 4月18日(日) 再開館 〜 2021年4月18日(日)

※会期中、一部作品の展示替えがあります。
 前期:2月13日(土)~ 3月7日(日)
 後期:3月9日(火)~ 4月18日(日)

休館日

月曜日
臨時休館(2020年12月24日(木)〜2021年3月7日(日))

開館時間

10:00~17:30 (入場は17:00まで)

会場

1階展示室

観覧料

一般200円(120円)、大高生100円(60円) 
※( ) 内は団体20名以上の料金です。
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
※企画展観覧券をお持ちの方は、併せてMOMASコレクションもご覧になれます(各企画展会期中のみ。)

出品作品リスト

準備中

関連イベント

サンデー・トーク

学芸員が展示作品から1点を選んで解説します。
実施については、詳細が決まり次第、お知らせします。

 


キスリング《赤いテーブルの上の果実》1944年

 


瑛九《手》1957年


小村雪岱《菊》

 

 

MOMASコレクションロゴ

埼玉県立近代美術館では、2008年度より「常設展」という呼称を「MOMASコレクション」に改めました。当館の常設展では2002年度以降、外部からの借用作品や現存作家のご協力によって、所蔵作品を核としつつも従来の常設展のイメージに捉われない、企画性の高いプログラムを実施してきました。名称変更はこうした意欲的な姿勢を示そうとするものであり、これまで以上に充実した展示の実現を目指しています。

※MOMAS(モマス)は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art, Saitama)の略称です。